野菜の成分でアンチエイジング!

食生活の見直しに最適!

若々しいお肌を維持するためには食生活に注意することも大切です。
日本人の場合は長い間質素な和食を中心とした食生活でしたが、洋食を好むようになったことで肌老化が加速しやすくなったと言われています。

特に脂っこいものやお肉を好んで食べている人は体内に活性酸素を発生させやすく、体の中がサビつきやすくなるそうです。
活性酸素の攻撃を受けて健康状態を悪化させるだけでなく、お肌も例外なく攻撃されることになり肌老化に繋がっています。

食生活を改善してアンチエイジングを実現するためには、活性酸素を発生させないようにすることと、体内に増えすぎた活性酸素を撃退してくれる抗酸化作用をもたらす食材を積極的に取り入れることです。
抗酸化作用を多く含む食材としておすすめな野菜の成分でアンチエイジングを実現する方法をご紹介します。

トマト

トマトは健康や美容に役立つ栄養たっぷりの野菜として知られていますが、トマトを象徴する真っ赤な色を作り出す色素として知られるリコピンが活性酸素を撃退する力を秘めていると言われています。

ビタミンを豊富に含んでいることから、活性酸素を撃退しながらお肌の調子を整えてくれる食材として活用できます。
効率良くリコピンを摂取する方法としてはトマトジュースを飲むのが良いと言われていますが、味が苦手という方も多いためトマト缶を活用したメニューを取り入れると良いでしょう。

ブロッコリースプラウト

豊富な栄養素を含む野菜として知られるブロッコリーよりも更に高い栄養が含まれているのがブロッコリースプラウトです。
抗酸化作用があり、代謝機能を高める効果があると言われていることからアンチエイジング効果もあると言われています。

他にも発がん物質を無毒化して体外に排出させるデトックス効果があることや、弱った肝臓をサポートする役割があるスーパー食材として注目されています。
他にもビタミンなどをバランスよく含んでいることから、美容が気になる女性はぜひ活用したい食材の代表格です。

スーパーでも販売されていますが、種を購入して自宅で育てることもできます。
メイクに使用するコットンなどに水を浸してから種をパラパラとまいておくだけで育ちます。

2~3週間ほどで丁度良い大きさに成長するので、時間差で栽培するようにすると随時収穫できて便利です。
強力なパワーは食べてから3日くらいは持つと言われているため、3日に1 回のペースで食べるようにすると丁度良いとされています。

アボガド

女性に嬉しいビタミンやミネラルを多く含む食材で、現在は比較的手に入れやすい食材です。
サラダに活用している方もいますが、工夫次第で様々な料理に活用できるため必ず冷蔵庫にストックしているという方も多いです。