効果的な美白コスメを大公開!

いつまでも若々しい肌を目指す!

年齢を重ねると次第に肌のくすみを感じるようになったり、突然シミができて肌の老化を実感するという方も多いです。
昔は透き通るような白い肌だった方も、いつのまにかすっぴんには自信が持てなくなって常にメイクが欠かせないと嘆く声も聞かれます。

そこで多くの女性が活用しているのが美白コスメです。
白くて美しい素肌になることを目指して美白コスメを活用している方も多いですが、いつまでもなかなか美白効果を実感できないと不満を漏らす声も聞かれます。

美白効果が期待できる成分が配合されている化粧品を選ぶことが大切ですが、人によってはしっくり合う場合となかなか合わずに良い結果が出ないという場合があるものです。
美白効果が期待できる成分の特徴を把握して、効果的な美白コスメを活用しましょう。

参考:美白成分比較表|自分に合った美白成分を見つける

ビタミンC誘導体

抗酸化作用によりシミの発生を予防して、既にできてしまったシミに対してもメラニン還元作用が期待できるとされているのがビタミンC誘導体です。

元々ビタミンCは抗酸化作用が期待できる成分として知られていますが、壊れやすい性質を持っているため化粧品に配合してもあまり意味がないとされていました。

そこで肌に良い結果をもたらすように改良されたのがビタミンC誘導体なのです。
肌なじみが良くなるように改善され、肌荒れの改善にも役立つと言われています。

厚生労働省から薬用美白成分として認可されている成分の一つです。

ハイドロキノン

既にできているシミに強力な作用をもたらすと言われている美白成分で、皮膚科などでも処方されることでも知られています。
以前は処方薬として入手するしか方法はありませんでしたが、現在は化粧品にも配合されるようになっています。

美白効果が高いとされていますが、刺激が強すぎて肌を余計に痛める可能性もあることから、化粧品に配合できる上限が厳密に定められています。

トラネキサム酸

30代以降のホルモンバランスが崩れがちになる女性に多く見られる肝斑の治療薬として有効性が認められている成分です。
内服薬として活用されるだけでなく、化粧品にも配合されている商品があります。
元々は止血剤として活用される人工的なアミノ酸の事です。

アルブチン

コケモモやナシなどの植物に含まれている成分で、シミの生成に大きく関わるチロシナーゼに作用することでシミの発生を予防することができます。

既にできてしまったシミに対しては効果が期待できないため、現在のキレイな素肌を維持したいという時に活用する化粧品に配合されることが多い成分です。

他にもまだまだ美白効果が期待できる成分は存在しており、商品ごとに特性があるのでそれぞれの違いをしっかり見極めて活用してください。