奥二重でも大きく見えるアイメイクのコツ

奥二重とはどういう状態?

目の印象というのは第一印象に残るといわれますので、女性の多くがメイクのポイントにアイメイクと感じてると思いますが、アイメイクは目の形によって、まぶたの状態によって方法が大きく変わるので、アイメイクが苦手という方も少なくありません。

一重、二重、奥二重など、眼輪筋の状態によって印象がかなり違います。
目を開いたり閉じたりするときには、目の周囲にある眼輪筋が利用されますが、この眼輪筋がまぶたの皮膚の裏側に付着しているかどうか、これによって一重、二重、奥二重など開き方が違ってくるのです。

二重のラインがきれいにあるとパッチリした印象の目になりますが、二重の幅が狭いと皮膚の内側に二重のラインが隠されて腫れぼったい印象となります。
この状態が奥二重という状態です。

目の二重のラインにアイシャドウをのせても、目を開くと見えなくなってしまうからどうしようもない・・・そう、奥二重さんはアイメイクしにくい目といえるのです。

二重のラインを活かしたい

パッチリ二重のきれいなラインが出ている人は、色々なアイシャドウのカラーを楽しまれていますが、目をつぶった状態でシャドウを付けて目を開けるとその色が見えなくなるという奥二重の方は、色をのせても意味がない・・・と思いがちです。

しかし目を開いている時には見えないカラーが目を閉じると見えるというのは、普通の二重の方からすると色っぽくて本当に素敵と思う事もあるのです。
二重の幅を塗る様にして色を付けるのではなく、ラインに沿ってやさしくぼかすように色を乗せると、目を開けてもつぶっていても、色のコントラストがはっきりしないので、より色っぽく見せる事が出来ます。

奥二重の方には、通常の二重の方とは違う可愛さがありますので、それを活かすようにアイシャドウを利用すると印象的な目元になります。

まぶたの際にアイラインを引くと目が大きく見えますし、まつげの間を生めるようにラインをかいて後から綿棒でぼかしておきます。
ラインをしっかり埋めると目が大きくきれいに見えます。

下まぶたには目じりの端に利用した色と同様の色を入れると、目の幅が大きくなったように関して、目の幅が小さいと思っている方にも有効的な方法となります。

奥二重の魅力を引きだすことがポイント

普通の二重さんのようにパッチリした目にしたい、と同じようなメイクをしても、奥二重さんは損をするだけです。
でも逆に、奥二重さんにしかできないメイクもあるので、それを活かしてメイクを行っていくと、自分のコンプレックスを魅力に変えるメイクができるのです。

目を閉じた時と、目を開けた時に、ちらっと印象が変わる目元なんて、本当に愛らしくてうらやましいと感じる方も多いでしょう。