似合わない色のアイシャドウを買ってしまった時の活用法

ついついやってしまう似合わないカラーを買ってしまうという行動

何となくこの色きれいだなと思って買ってしまったアイシャドウ、実は自分がほとんど利用しないカラーで結局何も使わないまま残っている、誰かにあげるのもなんだし、と悩んでいる方も多いでしょう。
でも似合わないと思うカラーでも、他の色と組み合わせたり、別の場所に使ってみると案外使えるアイシャドウとなる可能性があります。

しまったままになっているアイシャドウなどがあるのなら、使い方を研究して使えるアイシャドウにしてみませんか。

鮮やかなカラーはブラウンのシャドウと混ぜて利用してみる

鮮やかすぎるカラーは、そのまま利用すると完全に浮いたメイクになる事も多いですし、日本人の顔色から考えるとうまく利用すればいいのですが、失敗することが多いカラーです。

肌の色とどのようにしてうまく組み合わせるか?と考えると、鮮やかすぎるカラーでも利用できます。
ベージュ系のシャドウやハイライトカラー、ブラン系のシャドウなどをあわせて利用すると、陰影を出すことができ、目の際に入れる等入れる場所を考えて利用すると、目を引き締める効果が期待できます。

ブラウン系のシャドウの後に、鮮やかなカラーのシャドウを少しプラスするだけでも印象がかなり違うのでどこにつけるといい印象になるか?人によっても違いがあると思いますので、研究してみましょう。

狭い範囲にポイントメイクとして利用する

イエローや黄緑系のカラーはまぶたの二重ラインに塗ると奇抜な印象になったり、厚化粧という印象になりがちなので、ポイントに利用するとうまく利用できます。
目じりにちょっと入れてみるとか、目の際、下の部分に薄く引いてみるなどすると、ビックリするほど顔色がよく見える事があります。

イエローなどのカラーは、案外和服にもあうカラーで、着物を着る機会がある時や、浴衣を着て花火を見に行くなどの時、ちょっとポイントで利用してみると着物を引き立たせる美しいメイクになります。
但し色を付ける時に幅をあまり出さないことがコツです。
薄く、細く引いてみると、ちょっと色が加わっただけでも目の印象がかなり違ってくるのです。

肌色の相性という事も考えていくといいのですが、立体感を出すという事で考えてもいいでしょう。
眉の下に暖色系の明るめの色をほんの少し入れてみると、眉のあたりに立体感が出てメイクが印象的になります。
ポイントメイクという形で利用するとあでやかなカラーでも、普段利用しないカラーでも、「使えるアイシャドウ」になる事が多いのです。

使いすぎない、色を入れ過ぎないというポイントを押さえておけば、色々な印象のメイクにできますので、是非チャレンジしてみてください。