化粧品に含まれる「セラミド」と「ヒアルロン酸」の違いは?

セラミドとヒアルロン酸って何が違うの?

お肌にいい成分としてコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸など、たくさんの成分があります。
私たちはケア商品などを利用する時、こうしたお肌にいい効果のある成分の名前を覚えますが、その成分がお肌にとってどのような効果があるのか、基本的によくわかっていないという事も少なくありません。

最近ケア商品によく含まれているセラミドとヒアルロン酸、この違いもよくわからないという方が多いのですが、まずこの成分は存在しているところに違いがあります。

ヒアルロン酸の婆、真皮という場所に豊富に含まれていて、セラミドは表皮に豊富な成分です。
存在する場所が違うのですが、お肌にいい成分という事に違いはありません。

お肌の健康に欠かせないセラミド

お肌の表皮、その一番上の角質層という部分に存在しているのがセラミドです。
細胞と細胞の隙間を埋めるような形で存在しています。
この細胞間を生めるような部分を細胞間脂質というのですが、この細胞間脂質の一種がセラミドで、細胞の間を水分を保ちながらすきまなく埋めています。

細胞にすきまなく埋まっていることで外部の刺激からお肌を保護する働きがあり、細胞間脂質の約半分を占めるセラミドは、全部で7種類があり、お肌の健康に欠かせない成分なのです。

お肌の弾力を維持するヒアルロン酸

お肌の中の真皮という部分に存在しているのがヒアルロン酸で、網目状の構造を持っています。
ヒアルロン酸は、真皮に存在するコラーゲンやエラスチンという成分の間を生めるように存在している成分で、ムコ多糖類の一種です。

非常にねばねばした性質を持っており、1gに6リットルも保水できる力を持っています。
この保水力が高いヒアルロン酸が、お肌の弾力を維持し保湿も行っているのです。
お肌の真皮に存在するほか、体内の軟骨、目、脳、関節液など色々な部分で働く成分です。

年齢を重ねるとともに減少する成分

セラミドもヒアルロン酸も、またコラーゲンもそうですが、年齢を重ねるとともに減少していく成分で、セラミドの場合、20歳を100とするなら、40歳では半分、70歳では30くらいにまで減ってしまう成分です。
ヒアルロン酸は、40歳を境に急速に減少する成分で、40歳半ばでは100あるものが、後半になると一気に減少し、60歳になると半分、70歳になると40代と比較して20くらいにまで減少してしまう成分です。

加齢によって失われていく成分なので、しっかり補う事が必要なのですが、食事、またケア商品から補うという事にも限界があるので、ある程度の年齢になったらサプリメントなどを併用しながら体内に補っていく必要があるでしょう。
お肌のシワやたるみなどが気になり始めたら、セラミドやヒアルロン酸が減少しているという事になります。
意識してこうした成分の豊富な食材を摂取するようにしましょう。