失敗しない!眉毛カットのコツを伝授!

眉毛カット、苦手です

きれいな眉にあこがれて眉毛カットをしてみたら、なんだかところどころ禿たようになってしまって、やらないほうがよかった・・・と後悔荒れる方も少なくありません。
眉というのは非常に顔の印象を変えるもので、顔のパーツは取り換える事が出来ませんが、眉は取り換えた?と思うくらいに印象を強く変える事の出来る部分です。

きれいに整えている方はすっとしたきれいな印象になります。
でも眉のカットというのは非常に難しく、なかなか自分では思うとおりにならないと悩んでいる方も多いでしょう。

コツをつかんでしっかり行えば、眉カットは自分でもしっかりできます。
きれいな眉カットをするために必要なグッズをそろえて、そのテクニックを覚えましょう。

眉カットに必須のアイテム

スクリューブラシは眉を整えるために必要なブラシで、このほかに眉毛カット専用のはさみ、さらに毛抜き、かみそりなどを準備します。
スクリューブラシや眉毛カットの専用のはさみ、毛抜きなどはセットになった商品がありますし、かみそりなども眉用の刃が小さくなったものがあります。

自分が使いやすいものがベストですが、眉カットを行うのが初めてという方はセット商品を購入しておいてもいいでしょう。

眉毛をカットしてみよう

眉毛はいきなりカットするのではなく、眉毛の理想的な形を書いてからカットすることが大きなポイントです。
眉毛の形がないままにカット知ってしまうと、必要以上にカットしてしまう事もありますので、まずは理想の形に描いてからカットするようにします。

また眉にはカットしないほうがいい、いじらないほうがいいという場所もありますので、そこは手を付けないほうが無難です。
眉頭は、眉毛の起点となる部分ですが、この部分の毛を抜く、カットするなどして細くしてしまうと、全体のバランスがかなり乱れて、初心者ではいじらないほうがいい部分です。

さらに眉上のラインは、眉をあげる、下げる時に利用する眉丘筋に沿って眉毛が生えているため、この部分をきってしまうと、眉が動いたときに不自然な動きとなってしまいます。
そのため、眉の上のラインはカットせず、眉の下の部分をカットして、形を整えるようにします。

眉上がガタガタしていて不揃いな印象になるという場合には、ここにペンシルなどで書き足していくという方法をとる方が安心です。

毛の流れを丁寧にスクリューブラシで整えて、眉下のラインのはみ出ている毛をカットします。
はさみは片方の刃を肌に垂直にあてるようにして利用すると扱いやすいです。

根元からはみ出ていると感じる部分はカットするのではなく、毛抜きで1本ずつ抜きます。
最後に眉毛の周囲の産毛などを剃刀で処理しておけばスッキリした印象になります。