アンチエイジングに良いイオン導入器について

効率良く有効成分を送り届ける

美容効果が高いと考えられる有効成分が含まれている化粧品を、今までよりもっと効果的に使いたいという場合に役立つのがイオン導入器です。

美容成分をお肌に浸透させたいという時に活用すると良いとされているイオン導入器は、肌老化が気になっている方に注目されているアイテムです。

アンチエイジングに良いイオン導入器を活用する場合に知っておくべき点についてご紹介します。

美肌効果が実感できる理由

イオン導入器とはお肌にとても弱い電気を流すことによって肌に備わっているバリア機能を一時的に弱めることができる美容機器です。
バリア機能を弱めることによってお肌の奥に有効成分を送り届けることができるとされています。

威力は弱いとはいえ、電気を流すと聞くと少し恐ろしいような気もしますが、実際に行っている時には痛みを感じることはほとんどありません。
美容外科やエステなどでも取り入れられているメニューの一つで、アンチエイジング効果を期待できる施術として注目されています。

電気を流すことでなぜバリア機能を弱めることができるのかというと、お肌の角質層が酸性で角質層の内側に存在している顆粒層についてはアルカリ性という特徴があるからです。

角質層はプラスイオンが多く、顆粒層はマイナスイオンが多いことからとても弱い電気が流れており、これがバリア機能を果たしているとされています。

イオン導入器を使用することで人工的に角質層と顆粒層に流れている電気の力を弱めることでバリア機能が弱まるため、有効成分を奥に浸透しやすくなると言われています。

イオン導入器の注意点

有効成分を肌の奥に送り届けることが期待されるイオン導入器ですが、どんな有効成分でも浸透させることができるものではありません。

ビタミンC誘導体やプラセンタ、トラネキサム酸などについては粒子が細かいという特徴があるため肌の状態に合わせて取り入れることで良い結果をもたらす可能性が高くなります。
しかし粒子が大きなコラーゲンなどについてはイオン導入器を使っても奥に浸透させることは不可能だとされています。

とても弱いとはいえ電気を流すことになるので、ペースメーカーを使用している方は誤作動を引き起こす可能性があるので使用できません。
現在妊娠をしている方や授乳中という方も使用を控えた方が良いとされています。

最近は家庭用のイオン導入器も市販されており、誰でも簡単にイオン導入のケアをできるようになっています。

比較的手頃な値段で購入できることから気軽に活用している方も多いですが、使い方を間違えると余計に肌の状態を悪くする可能性もありますし、イオン導入液の成分にもよく注意しなければいけません。
しっかりと使用上の注意を確認したうえで正しい使い方を実践しましょう。