フェイスクリームでアンチエイジング効果

保湿ケアに最適なアイテム

肌の健康状態を守るためには徹底的に保湿ケアを行うことが重要だと言われていますが、正しい保湿ケアを実践している方は少ないです。

何となく化粧水をなじませてから乳液を付けて終わり…というケアを続けている方は、ひょっとしたら保湿ケアが不十分で肌老化を加速させる原因になっているかもしれません。

もっと高い保湿効果を期待するなら、フェイスクリームを活用するのがおすすめです。
フェイスクリームでアンチエイジング効果を発揮させるために知っておきたいことをご紹介します。

フェイスクリームの役割

フェイスクリームを活用する目的は、肌の水分を逃さずに蓋をすることです。
洗顔後に化粧水をつけて乳液という流れで済ませていると、水分が失われやすいので注意が必要です。

もちろん乳液も保湿効果が期待できるものですが、リキッド状になっているため保湿効果としてはあまり高くなく、時間が経つと水分が失われやすい特徴があります。

乳液よりも更に多くの油分を含んでいるフェイスクリームを塗ることで肌に必要な水分が逃げないように蓋をすることができるのです。

フェイスクリームの選び方

市販されているフェイスクリームは様々な種類が発売されており、それぞれ特徴があります。
現在使用している基礎化粧品と同じシリーズでフェイスクリームが発売されている場合は、その商品を活用すると相乗効果が生まれて相性が良いです。

もちろん他社製品を使っても問題はありませんが、実際にどのような成分が配合されているかを確認することが大切です。

例えば美白効果が期待できる成分などが含まれている商品があるので、配合されている成分がどのような役割を果たすのか確認することが大切です。

また、保湿ケアを重視したいので余計な成分が極力含まれていない商品を探すことも大切です。
合成着色料や合成香料などは肌の潤いを維持するためには関係ない成分なので、できるだけ不要な成分が含まれていないものを選択しましょう。

可能であれば一度使用感を確かめてから購入することをおすすめします。
フェイスクリームは商品によってサラッとした使い心地のものや、こっくりと濃厚な使い心地のものなど様々な使用感があります。

保湿力を重視している商品はベタツキ感が強く感じられる場合もあるので、できるだけ使い心地の良い商品を選んでください。

肌に馴染ませる時には肌にクリームを付けてから伸ばすのではなく、手のひらにクリームを伸ばしてから手のひらで顔全体を優しく包み込むようにして肌に馴染ませるのがコツです。

顔につけてから伸ばす方も多いですが、この使い方では肌に余計な刺激を与えてしまうのであまり良くありません。