アンチエイジングするなら必見!ホームピーリングとは

古い角質を除去するピーリング

年齢を重ねると次第に古い角質がお肌に残るようになり、お肌がくすんだようなイメージになって、透明感が無くなっていきます。
皮膚の新陳代謝が悪くなるのも、老化現象の一つですが、こうなると古い角質層がお肌にたまりやすくなるのです。

温泉に行くとお肌がつやつやになるといいますが、温泉はアルカリ性や弱アルカリ性という成分なので、古い角質層を剝くようにとってくれるため、お肌がつるつるになります。
これと同じ効果が得られるのが、ピーリングと呼ばれるもので、エステでも行っていますし、最近は自宅でもできるホームピーリングの商品も販売されています。

ホームピーリングのコツ

気を付けておきたいことが、やりすぎるとお肌を傷めることになるという点です。
エステなどで行ってもらう場合、お肌のプロがお肌の状況を確認しながら行うので、トラブルが起こるという事も少ないのですが、自宅で行うとなると、キレイになっていくことが嬉しくてやりすぎてしまうという事もあります。
お肌のトラブルのもとになる事もあるので、丁寧に、正しい方法でやりすぎないことを考えてください。

ホームピーリングの商品にはスクラブタイプとフルーツタイプがあり、スクラブタイプは細かい粒子によって角質を落とすというものです。
このタイプは古い角質がぽろぽろ落ちて目に見えるので、とれている!という事がわかりやすく気持ちがいいです。
ただ、こするという方法で行うので、色素沈着を起こす可能性もあり、お顔には不向きと考えられます。

フルーツタイプのものは、AHA系のピーリング剤というもので、温泉同様、酸の力を利用し古い角質を溶かすというイメージです。
スクラブ系のようにこする事がないので安心ですし、こうしたフルーツタイプのものにはコラーゲンの生成を促進する効果があるものも多いので、お肌にとって好都合です。

各メーカーが、フルーツタイプのホームピーリング剤を販売していますのでそれを利用して行った方が肌トラブルの心配もなく安心して行う事が出来ます。

ホームピーリングの方法

ピーリング剤がお顔に塗布されている状態で2分から3分程度待ちます。
この間にピーリング剤が古い角質を溶かしてくれます。
時短したいという人はお風呂に入って髪の毛を洗い、その次にピーリング剤をお顔に塗っておいて、体を洗う、だいたい2分から3分程度で体を洗い終えると思いますので、それからお顔をぬるま湯で流します。

こうすると放置時間を待つことなくホームピーリングが出来て時短になります。
お肌がつるつるになりますが、この後、しっかり保湿するために化粧水などを十分利用して、それから水分に蓋をするため、乳液やクリーム、また美容液などを塗って下さい。